2011年10月30日

錦糸町西部劇  錦糸町


1.jpg
        (写真をクリックすると大きくなります)





しっかりとした料理。

おかみさんのみせるキリッとした応対。

それと、おかみさんの真っ白な割烹着姿とがあいまって、

この店を訪れる客は多いと思う。


この町にはめずらしく「客を迎えるという」

緊張感が感じられる好感もてる店だ。

週末は、昼から中高年の客が絶えない。

おかみさんとの会話と、軽い料理を楽しんでいる。


おかみさんの割烹着の影響かもしれないが、

私は、この店ではなぜか日本酒を飲みたくなる。

日本酒は、香りもすっ飛ぶような熱燗ときめていて、

なぜか、日本酒の熱燗を飲むとゆったりとする気がする。

これはビールや焼酎(私は年中、芋のお湯割り)

では無い感じだと思う。


かんかんの熱燗を飲んでいると、

お茶の500mlボトルを、ズボンの右ポケットに、

ギューツとボトルのなかほどまで押し込み、

左ポケットには、大きな長財布&大きな鎖付きを入れ、

西部劇のガンマンよろしく店内に入ってきた。


30代と思われる、会社員風、白ワイシャツに黒ズボンの男。

ぷくぷくの赤ちゃんが急に30男になったような体

(相撲取りの子ども版)に、童顔おかっぱ頭。


男のはいたズボンは、お茶のボトルや財布などをポケットに

押し込まなくてもピッチピチなのに、

「お兄さん、それじゃズボンがかわいそう」

と誰もが一言いいたくなったと思う。


あらくれ男どもが、バーボンをキーッと飲み、

ポーカーでいかさま、テーブルをひっくり返す… 

しかし、店内の男どもは、

あらくれではなく、のんだくれ、

バーボンではなく、ホッピー、


そしてポーカーではなく、

競馬のはずれ馬券を思いっきり破く。


まっ、似てなくもないか?。


「申し訳ございません、

ただいま席はいっぱいでございます」

とおかみさんが身を挺するように男の前に立った。 


彼は焦点の定まらぬ視線で店内を見回した。

店内の席は満杯に近い。彼は店に2〜3歩入り、

まわりを見回して、もっそりと反転。


するとズボンの後ろポケットにも、

黒の折りたたみ傘が深く押し込まれていた。



「なんか す 、すごい」




安全_0032.jpg


 

posted by 川上哲也 at 09:53| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。