2010年12月06日

モツを食う モツを食う モツを食う

              

梅割_1.jpg




 私は決めている。                              
 この店へ行くにはこの時間以外無い、その時間以外は屁だと思っている。     
 ベストな時間は開店10分前。

 10分前に到着、もう5〜6人の人たちが並んでいる。
 一人の客ばかりのせいか、下を向いている人が多く、会話らしきものもない。
 これからはじまるであろうはげしいバトルへの気負いや決意を顔に出している人もいない。
 静かな闘志とでもいうか、慣れているんだね。
 場数を踏んでる人たちなんだね。


 私はこの時間、この開店までの10分間を幸せに感じる。
 2番目になにを食べるか?
 最初はレバ刺し、いつから不動の一番打者になったのか記憶にないが、
 気がついたら最初はレバー刺しにビール。
 問題は二番打者、塩でコブクロかアブラ、今日はアブラあるかな?、
 しかし軟骨も捨てがたい、なんてことを
 想ってウットリしていると、
 開店だ!


この店の 開店時にくる客には共通している事がある。
 それはモツに対する意気込みが半端ではないという事。
 開店前に静かに下を向いて並んでいる時とは違う迫力
 を注文の品物選びやカウンターに陳列してあるモツの部位を見る目つきに感じる。
 それは獲物をみつめる肉食獣の目。
 いやちがう、届きそうで届かない2センチ先に置かれたお菓子をみつめる子供の目。
 しかし食べ方は部活を終えた高校生のようで、シロたれ10本、
 ナンコツ塩5本、コブクロ塩5本、なんてひとりで注文する人もいる。
 その注文の勢いたるや、全盛時のファイテング原田のラツシュに匹敵するかもというぐらいなのだ。
 カウンターを取り巻いた強者たちが一斉に、シロたれ?本、レバたれ?本、
 ナンコツ?本と注文する光景はすさまじい。

 
 この瞬間を、このレバ刺しを、このナンコツ塩を体がほしがっていたんだ〜、
 と顔が訴えているように見える。
 ググゥッーと前のめり、焼きを待つモツを盛った皿がアッというまに10皿、
 15皿とカウンターに並んでゆく。このままだと何時になったら自分の注文した皿になるんだろう。
 早く焼けないかな〜。


 しかし強者は違う。
 注文したモツが焼き上がるまで強者たちは『刺し』を注文。
 レバ刺し塩3本、コブクロ醤油2本とかでしのぐ。
 レバ刺しを食べながらも目は自分が注文した焼きものから離れることはない、
 まだかな〜、早く食べたいな〜という顔つきで待っている。
  
 
 もうこうなると、モツを「食べる」ではなく体がモツをほしがる、一種の中毒患者のようなもの。
 今日もモツ中毒患者たちが静かに下を向いて並んでいる事だろう。

 モツ中毒患者たちはおいしいモツ店に行かないと見られない。





 
 


 

   
 
posted by 川上哲也 at 07:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。