2013年08月09日

中毒

上野1.jpg



中毒といってもいろいろある。


すぐに頭にうかぶのは、麻薬中毒。        


中毒といってもいろいろある。


すぐに頭にうかぶのは、麻薬中毒。


それにアルコール中毒、


これは私もその域に達していると思う。




パチンコ中毒、これも不満そうな顔や、いまにも因縁をふっかけられそうな鬼顔の方々を数多くマチナカでみかける。


セックス中毒、これは表にでにくい中毒だが、最近ゴルフのタイガー氏が勇気ある表明をしてくれた?。


お隣りの毛○東もコチラのくちと聞いたが……。




最近、私は新たな中毒を発見した。


それは「生モツ中毒」。




その症状だが、モツを一日の行動パターン中心に置く。


モツを食べるためには開店前、一時間くらい並ぶことを苦としない。


開店したら酒より先きに「レバ生2本、タン生1!」と、


飲み物のまえに「刺し」を注文。


その「刺し」を、猫族が倒した獲物をなめるように、


中毒患者の習性としてなめるように食べている。


本当にうれしそうに。


「これ、これ、このためだけに生きているのよ〜。」


こんな表情の人が近くにいたら要注意、もつ中毒患者の奈落への一歩を踏み出したと思ったほうがいい。


お誘いの魔の手が迫っているぞ!。




日本で多く見られる生もつ中毒タイプは3種。


関東ではタイプA ,牛もつ、タイプB,豚もつ。


タイプBの豚もつが症状は重く、治りにくいらしい。


私もタイプBの兆候を感じながらの夜ごとの日参である。


タイプC 馬もつ まだ未確認であるが、売人が少なく一般的でない。


最近、とくに患者の多いレバ刺しの供給が絶たれてしまった。


あの甘く、トロッとしたなかに、ほんの少〜しのなまぐささ(これ大事)、もう夢でしかあえないのか?。


レバーに放射線を照射して、菌を殺すことが検討されているようだがどうなんだろうね。




もしかしたら禁酒法時代のように、


地下組織で提供され、食べるには合い言葉が必要になるかも。


「A K B」  「さ し こ」なんて…ね。




夜の誘い1.jpg夜の誘い1.jpg


 


 


 


 


 


 


 

posted by 川上哲也 at 06:10| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。